自家焙煎珈琲やすらぎ

Home > 生活> 自家焙煎珈琲やすらぎ

コーヒー豆の通販 自家焙煎珈琲やすらぎ


コーヒーの関連情報

コーヒー(オランダ語: koffie /?k?fi/ コフィ)は、コーヒー豆(コーヒーノキの種子)を焙煎し挽いた粉末から、湯または水で成分を抽出した飲料。歴史への登場は酒や茶には遅れるが、多くの国で飲用されている嗜好飲料である。家庭や飲食店、職場などで飲用され、コーヒーの専門ショップも多数存在する。抽出前の粉末や粉砕前の焙煎豆も、同じくコーヒーと呼ばれることもある。日本語では「珈琲」。 世界各国において、コーヒーを提供する場の喫茶店(コーヒー・ハウス、カフェ、カフェー)は近代、知識人や文学、美術などさまざまな分野の芸術家の集まる場として、文化的にも大きな役割を果たしてきた。さらに、貿易規模が大きい一次産品であるため、経済上も重要視されている。大体北回帰線と南回帰線の間(コーヒーベルト)の約70箇国で生産され、アメリカ、ヨーロッパ、日本など全世界に輸出されている。カフェインに代表される薬理活性成分を含むことから医学・薬学の面から研究の対象となっている。
※テキストはWikipedia より引用しています。

コーヒー豆を通販で注文することができます。自家焙煎珈琲やすらぎでは受注後に焙煎を行い、新鮮なコーヒー豆をお届けいたします。コーヒーギフトも好評発売中!美味しいコーヒーの淹れ方も紹介しています。

お気に入りのコーヒー豆を通販サイトで見つけては、試してみるのが好きな人がいますが、通販ならではの品ぞろえの豊富さには満足度も高まるばかりです。朝は目覚めのモーニングコーヒーから始まり、朝食でトーストやマフィンと一緒に飲むコーヒー、仕事中の休憩にも飲んだり、帰宅後の一杯のコーヒーで一息入れるなど、1日のうちで何度もコーヒーを飲む機会はあります。いつも同じコーヒーを飲むのもお気に入りの定番でよいとして、好きな人はもっといろいろなコーヒーにチャレンジをしたくなるので、通販サイトを閲覧してのコーヒー豆選びは楽しい時間です。コーヒー豆から淹れるコーヒーの風味は格別なものがあるので、より美味しい豆を求めていくつものサイトをめぐる人もいます。飲むタイミングとしては人それぞれの好みや、ライフスタイルにもよりますが、コーヒーを飲むことで覚醒作用があったり、集中力が高まるなど、うれしい効果もてんこ盛りです。せっかく体にも嬉しい働きをしてくれるコーヒーですから、ベストな摂取でコーヒーの効果を活かしたいですし、逆に避けたい摂取のタイミングも知っておくようにします。コーヒーに豊富に含まれるカフェインは適量であればプラスに働きますが、過剰摂取をすると刺激成分なので体調を乱すもとになることも忘れてはいけません。朝の目覚めと同時にからっぽの胃袋の中に、一気にブラックコーヒーを流し込むのは、胃腸に優しい行為ではないです。人間は睡眠中にたくさんの汗をかくので、朝目覚めた時に自覚がないとしても、体内ではかなりの水分不足の状態に陥っています。深夜の睡眠中に人間はおよそコップに1杯ほどの発汗があり、朝起きた時には水分を内側から求めている状態ですが、欲しいのは混ざり物のない水です。水分を失っていてなおかつ胃袋には何もない状態でコーヒーを流し込めば、胃への刺激は強いですし、コーヒーに含まれる成分による、利尿作用の働きもあります。余計に水分を出してしまうので、まずは白湯などを飲んで、朝食を食べてからコーヒーは飲むようにすることです。

注目キーワード

ドリップコーヒー
挽いたコーヒー豆の上から熱湯を注いでろ過する、ドリップ式でいれたコーヒー。ドリップとも。drip coffee。 *概要 ポットやカップの上に載せられた容器(コーヒードリッパー)の中にフィルターを設置し、ローストさ...
缶コーヒー
缶に入ったコーヒー。缶ジュースのコーヒー版。主に自動販売機で購入する。 主に糖分が入っている物が多く、仕事中の飲みすぎで胃を荒らしたりする人もいる。 これらの反省を踏まえ、現在では無糖・または微糖といっ......
『関連情報:コーヒー豆 通販
PAGE TOP ↑