えみあす

Home > 生活> えみあす

デイサービスは狭山市の介護予防フィットネス「えみあす」


看護師の関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

デイサービスなら狭山市の「えみあす」へ。介護保険制度が使える介護予防運動専門の介護予防フィットネスで1日3時間のデイサービスです。

日本の高齢化は急速に進んでいて、早急に取り組むべき課題だと言われています。政府の示す予測によると、2030年には約四人に一人が65歳以上の高齢者になると言われています。ここで重要になるのが、ハードとソフトの両面の整備ではないでしょうか。介護従事者の育成は待ったなしですし、介護施設の建設も急ぐ必要があります。在宅で介護が出来れば理想ですが、やはり家族の負担は小さくありません。そこで期待されるのが、デイサービス事業ではないでしょうか。朝の9時~夕方の4時前後まで、高齢者を預かるのがデイサービス事業です。入浴や洗髪はもちろんですが、食事やリハビリも格安で利用することが出来ます。送迎もしてくれるので、送り出す家族にとっては安心感があるのではないでしょうか。狭山市にはデイサービス事業を行っている会社が多いですし、たくさんの高齢者が利用しています。同じような世代の方と交流を持てることで、運動や脳機能の回復に効果を上げているようです。自然が豊かで人が温かいのが狭山市の特色でもありますし、遠方からも通所している方が増えています。身体の自由が奪われてしまうと、お風呂やトイレの介助が大きな負担になってしまいます。平日にデイサービスに通うことで、家族の負担は随分と減るはずです。カラオケ教室や折り紙講座も充実しているので、利用者は楽しく通うことが出来るはずです。スタッフは介護のプロフェッショナルばかりですし、医師や看護師が常駐しているデイサービスも増えています。急な体調の変化にも安心ですし、環境は最適と言えるのではないでしょうか。福祉の街として名を馳せている狭山市ですので、これからもサービスの拡充が進むことが予想されます。自らが出来ることは、出来るだけ自分で行うのがデイサービスのコンセプトでもあります。自宅と事業所で互いの足りないところを補うことが出来ますし、それこそがデイサービス最大のメリットではないでしょうか。

注目キーワード

准看護師
都道府県知事の免許を受けて、医師・歯科医師または看護師の指示を受けて、傷病者もしくは褥婦に対する療養上の世話または診療の補助をなすことを業とする。
看護師
看護専門学校や看護大学等の看護師養成校における基礎看護教育を受け、看護師国家試験に合格し、看護師免許をもって、医療、保健福祉の現場で、主に看護を行う医療従事者。 2001年の保健師助産師看護師法の改正によ
『関連情報:デイサービス 狭山市
PAGE TOP ↑