陣内ウィメンズクリニック

Home > サロン> 陣内ウィメンズクリニック

不妊治療・体外受精のご相談は自由が丘【陣内ウィメンズクリニック】当婦人科で妊活をフルサポート |


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京都自由が丘の不妊治療専門「陣内ウィメンズクリニック」では、体外受精・顕微授精を中心とした妊娠希望専門クリニックです。赤ちゃんを望まれるご夫婦の想いを一日でも早く叶えられるように、薬を使い過ぎない、体に負担を掛けない優しい高度生殖医療を提供してまいります。

結婚して何年も経つに関わらず妊娠が得られないと悩む夫婦は少なくありません。正常な性行為があるに関わらず妊娠の兆候がないという場合は、夫婦どちらか、もしくは両方に妊娠が得られにくい要素がある可能性があります。まずは原因を調べることが大事ですので、医療機関で検査を受けてみることがおすすめです。この場合も男女どちらかだけが検査を行うのではなく両方が行うことが大事です。女性側に原因がある場合は卵巣機能不全、排卵障害などがあげられますし、子宮筋腫や子宮内膜ポリープなど子宮に問題があることも少なくありません。さらに男性が原因している場合では無精子症や性交障害が多くなっています。そして、最近は晩婚化が進んでいますが、年齢が高くなるほど妊娠率は下がる傾向にあります。検査をしても特に問題となるところが見つからない場合もありますが、このような場合、は不妊治療ではまずはタイミング法が選ばれることが多くなっています。夫婦どちらも健康であるという、特に不妊になる原因が見つからないという場合は、妊娠に良いタイミングを逃している可能性があります。タイミング法はより正確な排卵日を知り、その日性行為を行うことで自然妊娠を目指すという不妊治療です。不妊治療の中でも特に手軽で費用の負担も少ない方法ですが、良い結果が得られない場合は排卵誘発剤が使われることもあります。タイミング法で良い結果が得られなかった場合は、別の治療を考えていくこととなりますが、その方法には人工授精や体外受精があげられます。人工授精は人の手を介して子宮内に精子を注入する方法です。比較的簡単に行える治療で痛みもなく治療後も普段の生活を送ることができます。体外受精は体の外で受精を行い、受精卵を子宮内に戻すこととなります。受精を確認してから体内に戻すことができますので卵管が閉鎖している、精子の数が少ないないなどが原因で受精しにくくなっている場合に向いている方法です。

注目キーワード

慶應病院
東京都新宿区信濃町にある慶應義塾大学医学部の大学病院。正式名称は慶應義塾大学病院。 →慶應義塾大学病院
病院
医療法の定義では 「病院」とは、医師又は歯科医師が、公衆又は特定多数人のため医業又は歯科医業を行う場所であつて、20人以上の患者を入院させるための施設を有するものをいう。病院は、傷病者が、科学的でかつ...
『関連情報:不妊治療
PAGE TOP ↑