田園都市レディースクリニック

Home > サロン> 田園都市レディースクリニック

横浜市にある不妊症・不妊治療・体外受精専門の田園都市レディースクリニック


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

不妊治療を専門としたクリニックです。 不妊治療は、お一人お一人の状態に合った治療を心がけながら、 お子様ができなくてこまっていらっしゃるご夫婦のお役に立てればと考えております。

女性の方で、男性と子作りを頑張っているにもかかわらず、中々妊娠できないことに悩む方もいるでしょう。このような方は、神奈川の病院で行っている不妊治療を受け、今まで抱えていた悩みを解消することができます。神奈川の病院で受けられる不妊治療ですが、自然妊娠に近いやり方から始め、妊娠できない理由を見つけながら治療を行うことがほとんどです。不妊治療と言っても数々のやり方があり、神奈川の病院では体外受精がメジャーなやり方になります。そもそも体外受精とは、卵子を採り出して男性の精子と体の外で受精させ、受精卵を再び女性の体の中へ戻す不妊治療です。人工授精に関しては、女性の体から卵子を採ることはないので、男性の精子を人間の手により子宮に入れても、受精するかどうかは最後まで確認できません。一方、神奈川の病院で受けられる体外受精は、100%受精させることができるため、比較的安心感を持って治療を進められるのが特徴です。体外受精を成功につなげるためには、良質な受精卵を作り上げることが重要で、ベースとなる卵子の質が大いにカギを握ってきます。卵子が未成熟な場合、受精卵になってもきちんと育たなかったり、着床が難しかったりする可能性が出てきます。その反対に、卵巣の中で成熟した卵子であれば、受精卵がきちんと成長し続け、着床も容易になるでしょう。それから、神奈川の病院で受けられる体外受精は、良質な卵子が採り出せるよう薬を用いることがあります。ほとんどのケースでは、ホルモン剤を使って排卵を一度抑えつけ、その間に卵胞内で卵子が成熟するまで、様子を見てから卵子を採ります。また、ホルモンの分泌が衰えると、子宮が妊娠に適さない状態になることが妊娠できない理由のひとつです。この場合、ホルモン剤を用いることで、子宮内膜の状態を調整し、妊娠や着床しやすい体に仕上げることができます。このように、神奈川の病院で受けられる体外受精は、数々の事柄を上手くコントロールしながら妊娠へつなげられる、優れた不妊治療と言えるでしょう。

注目キーワード

慶應病院
東京都新宿区信濃町にある慶應義塾大学医学部の大学病院。正式名称は慶應義塾大学病院。 →慶應義塾大学病院
総合病院
内科や外科などの主要な診療科を有している病院のこと。日本では主に許可病床数100床以上で、最低でも内科、外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科の5科を設置している病院を指す。
『関連情報:不妊治療 神奈川
PAGE TOP ↑