医療法人 桃一会 DAIYUUZAN CENTRAL CLINIC

Home > サロン> 医療法人 桃一会 DAIYUUZAN CENTRAL CLINIC

南足柄市・小田原市で内科や人工透析を専門に治療|大雄山駅からすぐ


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

小田原市,南足柄市で内科や人工透析の病院をお探しの方は「大雄山セントラルクリニック」をご利用ください。透析治療は個室完備・水質管理の徹底により、安心して治療に取り組む事が出来ます。当院へお越しの際は最寄りの南足柄市大雄山駅をご利用下さい。見学受付中。

厚労省の呼び掛けによって、かかりつけ医を持っている方が増えています。自らの身体のことを近くの医院が知ってくれていることで、有事が起きた際にはスムーズな対応をすることが出来ます。大学病院や総合病院との連携もこれまで以上に密になりますし、メリットは計り知れないと言われています。たくさんの診療科目がありますが、やはりベースになるのが内科ではないでしょうか。風邪やインフルエンザが疑われると、まずは近くの内科を受診する方が大半ではないでしょうか。また、ノロウイルスを筆頭に胃腸の不調を訴える方が増えています。小田原市には多くの内科がありますが、近年は女性の医師が増えている特徴があります。婦人科系の疾患に強さが発揮されていますし、小田原市の健康増進に大きく貢献しているのではないでしょうか。日本人の三大死因と言われているのが、がん、脳卒中、心筋梗塞です。とりわけがんと心筋梗塞に関しては、日頃の検診で発見されることが多いと言われています。血液検査でも見付かるケースがありますし、医師が聴診器をあてることで心音の異常に気付くことがあります。がんや心筋梗塞は早期に発見をすることで、かなりの確率で治ると言われています。食事や運動療法もそうですが、医師の指導に従うことが大切ではないでしょうか。神奈川県は、大学病院を筆頭に大きな病院が多いと言われています。小田原市内の内科と連携をしているところが多いですし、情報や技術を共有することで早期の診断と治療を行うことが出来るのではないでしょうか。セカンドオピニオンを積極的に推奨する医院も増えていますし、患者さんファーストの考えが浸透しています。院内の環境も素晴らしいですし、病院であることを感じさせないのが特徴と言えるのではないでしょうか。全国的にそうですが、病院や医療の意識改革が進んでいます。その先駆者となっているのが小田原市の内科ですし、模範としたい医療像だと言えます。

注目キーワード

総合病院
内科や外科などの主要な診療科を有している病院のこと。日本では主に許可病床数100床以上で、最低でも内科、外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科の5科を設置している病院を指す。
国立病院機構
独立行政法人化に伴い設立。 +北海道がんセンター +札幌南病院 +西札幌病院 +函館病院 +道北病院 +帯広病院 +八雲病院 +弘前病院 +八戸病院 +青森病院 +盛岡病院 +花巻病院 +岩手病院 +釜石病院 +仙台医療センタ...
『関連情報:小田原市 内科
PAGE TOP ↑