childbedlaboratory

Home > 生活> childbedlaboratory

Account Suspended


赤ちゃんの関連情報

赤ちゃん(あかちゃん)は、産まれたばかりの子供のこと。赤子(あかご)、赤ん坊(あかんぼう)とも言う。なお、人間以外の動物にも「赤ちゃん」が用いられることがしばしばある。種にもよるが、生存のために援助を必要とする弱い存在である。多くの種で赤ちゃんは愛らしい外見をしており、これは援助を受けやすくするために有利な形質なのではないかとの解釈もある。 以下、本稿では人間の赤ちゃんについて解説する。 母子保健法は、出生からの経過期間によって、「赤ちゃん」を次のように定義する。 新生児:出生後28日未満の乳児 乳児:一歳に満たない子供なお、新生児の中でも出生後7日未満の乳児を特に「早期新生児」と呼ぶこともある。また、生まれて間もない赤ちゃんのことを嬰児(えいじ、みどりご)と呼ぶこともある。 「赤ちゃん」の語源は、新生児が多血症気味となり、皮膚色が赤く見えることにある。これは、分娩の際に陣痛の圧力で胎盤内の血液が新生児の体内へ絞り出されるためである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

出産を終えた時の母親の体の状態は個人差があるとはいえ、誰もが出産の疲れと共に産後の特別な体になっていると言えます。出産後は赤ちゃんのお世話が始まりますが、出来る限り体の安静を保ち十分な産後ケアを受けることが大切です。しかし現在は核家族が増えてきており、里帰り出産などをする人は家事や育児の援助を得られますが、夫婦だけで生活をしている時には十分な産後ケアを受けることが難しいという現状があるようです。特に東京などの都市部では核家族が多くなっており、産後も夫婦だけの生活をする人が増えてきますが、父親は仕事で忙しくほとんど家にいないという状況になると母親が一人で家事も育児もしなくてはならず産後ケアが不十分になりがちです。産後の母親の体は胎盤がついていた部位からの出血がある状態で、貧血がある人など止血機能が悪い人は出血量が多くなりがちで、体を思うように動かせない状態の人もいます。また出血部位は徐々に止血していきますが、産後に無理に体を動かすことで止血が十分に進まず再び出血量が増えてしまうこともあります。そういったことを予防するためにもなるべく安静に過ごすことが望ましいとされていますが、実際には東京を始めとした地域では産後ケアが十分に受けられないという悩みを持つ人が多いようです。しかし東京には産後ケアを行う施設があり、家事のヘルパーを派遣したり、赤ちゃんの世話を手伝ってくれるようなサービスがあります。そういったところを利用するという産後ケアの方法も今後は増えていくと思われています。今まではそういったことを祖父母が行うことが多かったと思いますが、都市部に住む夫婦の場合には実家が遠方だったり、祖父母達も自分たちの生活があって産後の助けを行えないという事例が増えてきています。そして同居をしている世帯数も減ってきているため、産後ケアを受けるためには親戚などの関係がある人に頼るのではなく、そういったサービスを提供しているところに依頼することが増えていくでしょう。

注目キーワード

赤ちゃん泥棒
Raising Arizona/1987年 asin:B0007WZTRK:detail
赤ちゃんと僕
漫画 コミック 関連語:リスト::漫画作品タイトル 著者:羅川真里茂 白泉社発行月刊「花とゆめ」で連載されていた漫画。(1996年TVアニメ化) 下手な育児書を読むより参考になる…かも。 花とゆめCOMICSより単行本1...
PAGE TOP ↑