株式会社オデット

Home > ショッピング> 株式会社オデット

トウシューズやレオタードなどバレエ用品の通販【ダンス オデット】


の関連情報

バレエ(仏: ballet)は、西ヨーロッパで発生し広まった、歌詞・台詞を伴わない舞台舞踊。及びその作品を構成する個々のダンス。音楽伴奏・舞台芸術を伴いダンスによって表現する舞台である。物語性をもち、複数の幕をもつ舞踊劇が多い(「くるみ割り人形」「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「ドン・キホーテ」など)。しかし20世紀以降には物語性を否定する作品も生まれた。一方で短い小品でありながら優れた物語性をもつものもある(「瀕死の白鳥」など)。事前に振付家によってバレエ独特の所作を指定されたものを演じ、即興作品は少ない。振付の仕方を振付術(コレオグラフィー)という。
※テキストはWikipedia より引用しています。

トウシューズの通販はバレエ&ダンス用品専門店【Dance Odette】へ。トウシューズのほかレオタード、バレエレッスン着など、バレエには欠かせないアイテムを取り揃えております。

バレエ教室を習う場合には、様々なバレエ用品が必要となります。その中の種類の中でも、重要になるのがバレエシューズになります。バレエを踊るためにシューズは欠かせないバレエ用品の1つのため、しっかりとポイントを抑えて準備することが大切になります。実際に購入する方法はいくつかありますが、一番手軽に購入する手段として通販サイトがあります。通販サイトであれば数多くある商品の中から選ぶことができるので、より自分が希望するバレエシューズを購入することができます。では実際に通販サイトで購入する際に、バレエ用品となるバレエシューズの素材の種類を理解することが重要になります。バレエシューズは素材別に3つの種類があり、それぞれ特徴などに違いがあります。通販サイトで購入する場合は、素材などを絞り込みを行って種類別に探すのが便利です。では素材別の特徴ですが、まず1つ目の種類として布製があります。布はその素材の特徴から床と足の裏の感覚が伝わりやすいという点が大きいです。そんためまだ小さい子供や初心者の人が、間隔を掴むために使用するのにおすすめな素材となります。また価格的に割安で通気性にも優れている素材になります。ただし他の素材に比べると耐久性が若干劣るので、使用後のメンテナンスを行うと長く愛用する事ができます。2つ目の種類となるのが前革製のバレエシューズになります。これはシューズ全体ではなく、つま先の部分のみが革製でできているタイプになります。そのためつま先以外は布製で付くられています。シューズはつま先部分を酷使して使用するので、つま先部分の耐久性をあげるために革製を使用されているタイプになります。3つ目の種類となるのが、シューズ全体が革製で出てきてるタイプになります。足へのフィット感が高く、耐久性に優れたタイプのシューズになります。足の裏と床との感触に間隔が慣れた人が多く利用されているタイプになります。このようにバレエ用品の中でもバレエシューズは様々な特徴があるので、しっかり特徴を理解して選ぶことが大切です。

注目キーワード

スパンダー・バレエ
→「Spandau Ballet」
バレエレッスン
「バレエのレッスン」の略語。
PAGE TOP ↑