Fatina Fiore

Home > 生活> Fatina Fiore

ウェディングブーケ保存加工専門店 Fatina Fiore


フラワーギフトの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

【全国送料無料】結婚式のウエディングブーケや花束を保存加工して記念に残しませんか?挙式直前や当日、挙式後でもネットで注文してブーケを送るだけで、一生の思い出を形にして残せます。事前のご予約はいりません。「記念にお花を残したい」と思った時にFatina Fioreにご相談ください。

結婚式でもらったブーケってみなさんはどうしていますか。花嫁さんのブーケトスでたまたまゲットした人、花嫁の友人として直接受け取った人、娘から親への感謝の気持ちとして受け取った人など、さまざまな形でブーケを手にする方がいらっしゃるかと思いますが、どんな形であれ結婚式のブーケをもらうという経験はうれしいことですよね。人生の中でもそうそう何度も結婚式のブーケをゲットできる機会はありません。だからこそ、せっかくいただいたお花はきれいに保存しておきたいですね。ブーケだけに限らず、花束全般に共通する代表的な保存法といえば、やはりドライフラワーですよね。ドライフラワーは、なにより安く手軽に自分で作ることができるのが一番の魅力です。風通しの良い場所などに、1週間~2週間くらい吊るしておくと自然と完成します。ドライフラワーの場合、色や風合いが変わってしまうのが、少し気になるという方もいるかもしれませんね。そんな方は、プリザーブドフラワーや押し花にして保存するのがおすすめです。プリザーブドフラワーは、専用の液につけて保存することにより、生の花により近い色や風合いのまま長期保存することができます。費用は掛かりますが、専門の業者さんにお願いして作成することで、いつまでもきれいな花の状態をキープすることができます。押し花は、一般的な押し花のイメージとは少し違い、花を立体的な状態のまま額縁の中に飾ります。こちらのメリットとしては、やはり額縁の中にお花を保存するので、お部屋などに飾りやすいですし、持ち運びなどが簡単なことがあげられます。このように、結婚式でいただいたブーケの保存にはいくつかの方法がありますので、予算などに合わせて選ぶとよいでしょう。保管方法次第では長くきれいな状態をキープすることができますが、まずはもらってすぐに一枚は写真におさめておきたいですよね。一番フレッシュな状態のお花ですから、忘れないうちに写真に残しておきましょう。
『関連情報:ブーケ 保存
PAGE TOP ↑