ドリームネット

Home > 住宅> ドリームネット

ドリームネット


住宅ローンの関連情報

住宅ローン(じゅうたくローン、housing loan、mortgage)は、「本人及びその家族」または「本人の家族」が居住するための住宅及びそれに付随する土地(一戸建て、マンション)を購入、新築、増築、改築、既存住宅ローンの借り換えなどを行うために金融機関から受ける融資のことである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

マイホームは、販売価格はそれなりに高めです。数百万などでなく、2000万円台や3000万円台の物件も数多く販売されています。それだけの金額を一括で支払うのは困難なので、住宅ローンもよく活用されている訳です。それで上述のような数字ですから、借りられる金額の大きさも、1つのポイントになります。大きな金額を借りられる方が、マイホームを購入する方々からすれば、色々都合が良いからです。それで住宅ローンで借りる際には、希望額を伝達する事になります。具体的に何円で借りたいかを、金融業者に伝えた上で、審査を受ける事になります。ただ問題は、その希望通りになるか否かです。状況によっては、金額が限定される事もあります。例えば希望額を2000万円だと伝えたとします。それが満額で融資されるかと言われれば、必ずしも希望通りになるとは断言できません。1900万円台など、若干数字が限定される事はあります。ところで借りられる金額に影響を及ぼす要素の1つは、現在他社から借りている数字です。例えばクレジットカードもその1つになります。もちろんクレジットカードでは、お金を借りる事になります。人によっては返済が完了していない事もある訳です。その残額は、住宅ローンで借りられる金額にも影響を及ぼします。やはり残債が残っている方々の方が、金融業者から借りられる金額も、若干低くなる訳です。色々と法的な問題があるので、残債がある方々は、融資額も低くならざるを得ません。しかし住宅ローンで借りられる金額が限定されると、色々困ってしまう事も多いです。このためローンの申込みをする前に、残高を減少しておく必要はあります。上述のようなクレジットカードでの残債があるなら、できれば完済しておくのが望ましいです。全て返済しておけば、住宅ローンで借りられる金額にも反映され、多くの数字で借りやすくなります。消費者金融の残債なども、できるだけ減らしておく方が良いでしょう。

注目キーワード

住宅ローン借り換え
金利変動に伴い、返済負担を軽減するために、有利な返済条件に借り換えること。 一般的な目安として、 ■金利差1%以上 ■返済期間10年以上 ■返済残高500万円以上 の場合、条件を見直す価値があるとされている。 ...
住宅ローン
住宅用のための土地・建物の取得や、リフォームのために、資金を借りること。 住宅金融公庫などが有名。 ゆとり返済、元利均等、元金均等など、さまざまな形態があり、期間は長期に及ぶものだと、35年にもなる。 ...
『関連情報:住宅ローン 審査 通し屋
PAGE TOP ↑