ベアーズコーポレーション株式会社

Home > 住宅> ベアーズコーポレーション株式会社

ベアーズコーポレーション


不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

茨木市の不動産情報を完全網羅! 新築・中古一戸建て、中古マンション、売土地。お目当ての物件情報を簡単に検索出来ます。物件探しは掲載物件数地域ナンバーワンのベアーズコーポレーション株式会社

大阪府の茨木市は大阪府の中でも北部、北摂地区として知られています。多くの人口を有する市ですが、意外にも市の半分近くは山間部になります。市の北部は京都府に接していて、京都府に接する地域はあまり住宅などはありません。多くの人は市の中心部から南に住んでいます。ただ、この北部の山間部において、いろいろな開発が進められています。これまで住宅などがなかったところにも住宅ができる可能性があり、不動産を購入するのであれば一定の情報を得ておいた方がいいかもしれません。茨木市における現在の状況であったり、将来の計画がどうなっているかです。茨木市は南北に縦長の市です。その中間ぐらいに市役所や中心駅などがあり、南部は住宅が広がります。北部も一部ニュータウン開発や団地開発などがされていましたが、高度経済成長を境にそれ以上の開発はされていませんでした。しかし、新たに北部を開発する動きが始まり、国際文化都市として一部はすでに街びらきをしています。構想としては、単に住宅などが広がるだけでなく、医療であったり産業の誘致などを進め、より市の活性化を進めようとしています。街びらきが行われたところにはモノレールも延伸済みで、市の中心部だけでなく大阪の中心部へのアクセスもしやすくなっています。不動産を購入するとすれば、利便性が必要になります。現在は西部地区に開発や中部地区の開発はほぼ終わっているものの、東部地区はこれからになります。将来的には東部地区までモノレールが延伸する構想があるものの、実際に建設されるかはわかりません。ただ、東部地区においては既に新名神高速道路が開通してさらにインターチェンジが設置されています。そのために車の利便性が良くなります。これから開発がどんどん進められるかもしれません。まだまだ未定の部分は多いものの、これから住みやすくなる地域だけに注目しておくと良いでしょう。未開発の地域はまだまだ不動産も安くなっています。

注目キーワード

不動産取得税
不動産の取得に対して課せられる税。普通税、道府県税に分類される。
三井不動産レジデンシャル
三井不動産グループの住宅分譲会社。分譲マンション事業がメイン。東京都中央区日本橋室町に本社がある。 2005年12月26日に三井不動産レジデンシャル株式会社設立。2006年10月1日に三井不動産株式会社と三井不動産販
『関連情報:茨木市 不動産
PAGE TOP ↑