アメニティコーポレーション

Home > ビジネス> アメニティコーポレーション

アメニティコーポレーション


プライバシーマークの関連情報

プライバシーマークとは、一定の要件を満たした事業者などの団体(医療法人など)に対し、一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) が使用を許諾する登録商標である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ISO内部監査の研修ならアクイルへ 業界屈指の低価格!! 1名16,000円!取得コンサルティングも実施中

世の中には、ISO内部監査を代理で行ってくれる、ISOのプロが間違いなく存在しています。コンサルティング業者として非常に有名な所にお願いすれば、安心して任せることができるでしょう。まずは、信頼性の高い業者が一体どこになるのか、それだけでも見極められるようにしておきたいところです。いろいろなところから選ばれ続けている業者なら、様々なところでピックアップされていることが多いといえます。特にインターネット上の特定の口コミ情報サイトなどを利用すれば、全国規模で活躍しているISO内部監査業者が見つかるでしょう。後は、その業者がホームページを確認して、業者の特徴を把握し、その上で声をかけるのが妥当だといえます。毎月どのくらいのお金が必要なのか、そして今までどのくらいのISO内部監査の実績があるのか、それだけでも確認するよう意識しておきたいところです。ちなみに、ISO内部監査と言うのは、内部監査と言うだけあり、会社の人間が行うこともあるでしょう。これで済ませることができれば、最もコストがかからないやり方なので、1番望ましいといえます。ただ、ISO内部監査をやったことがないような人間にお願いするのは、かなりの負担になってしまうはずです。その作業だけで1日が終わってしまうこともあり、自分の仕事が全くできなくなってしまう危険性もあるでしょう。クライアント等の利害関係を生む可能性のある相手だけではなく、同じ組織で働いている会社員からの信頼も得るために、本来は内部監査を行うことになります。環境の国際規格等に関しては、まさにそれが目的です。しかし、あまりにも1人の会社員の負担を増やしてしまうと、本末転倒になるでしょう。そうならないためにも、ISO内部監査に協力的になってくれる、良心的なコンサルティング業者にお金を払ってでもお願いすることには、非常に大きな意義があるといえます。会社の人間にやらせるにしても、全て任せるのではなく、業者と二人三脚でやらせるなどといった形をとり、負担を減らすことが大切です。
PAGE TOP ↑