Kumagaya Rafting ノーティーボーイズ

Home > 趣味> Kumagaya Rafting ノーティーボーイズ

熊本県球磨川でラフティングをするならノーティーボーイズ


船の関連情報

船(ふね、舟、舩)とは、人や物をのせて水上を渡航(移動)する目的で作られた乗り物の総称である。 基本的には海、湖、川などの水上を移動する乗り物を指しているが、広い意味では水中を移動する潜水艇や潜水艦も含まれる。動力は人力・帆・原動機などにより得る。 大和言葉、つまりひらがなやカタカナの「ふね」「フネ」は広範囲のものを指しており、規模や用途の違いに応じて「船・舟・槽・艦」などの漢字が使い分けられている。よりかしこまった総称では船舶(せんぱく)あるいは船艇(せんてい)などとも呼ばれる(→#呼称参照)。 水上を移動するための乗り物には、ホバークラフトのようにエアクッションや表面効果を利用した船に近いものも存在する。また、水上機や飛行艇のように飛行機の機能と船の機能を組み合わせた乗り物も存在し、水上機のフロートや飛行艇の艇体は「浮舟」(うきぶね)と表現される。 なお、宇宙船や飛行船などの水上以外を航行する比較的大型の乗り物も「ふね」「船」「シップ」などと呼ばれる。これらについては宇宙船、飛行船などの各記事を参照のこと。また舟に形状が似ているもの、例えば刺身を盛る浅めの容器、セメントを混ぜるための容器(プラ舟)等々も、その形状から「舟」と呼ばれる。これらについても容器など、各記事を参照のこと。
※テキストはWikipedia より引用しています。

九州の熊本県人吉市を流れる「日本三大急流」の球磨川でラフティングを楽しむならノーティーボーイズ!ラフティング初心者の方から「もっと楽しく」「もっと激しく」遊びたいお客様も大歓迎です。各種割引も実地中!!

夏になると、ラフティングが盛んにおこなわれるようになります。マリンスポーツと違って、川でする遊びなので塩水で髪が痛むこともなければ、ひどい日焼けになることもありません。日焼けと髪を気にする必要がないので、女性にも人気の高いスポーツです。渓谷の川下りをするスポーツで、一般的に急流と呼ばれるところをゴムボートで進んでいきます。ラフティングのボートには、基本的に8人乗ることができます。大きなものだと、ガイドも入れて9人乗ることができます。熊本でラフティングができる名所が球磨川です。地元でも有名な川で日本3大急流の一つにも数えられます。公式のホームページには、コースの詳細な説明やジャンプポイントが掲載されています。水量も比較的安定しており、危険な個所もないので初心者でも十分に楽しむことができるのが魅力です。そのほかにも爆流のコースも用意されているので、ラフティングをするチームの実力や天候や水量によって選ぶといいでしょう。球磨川では1日中ラフティングを体験できるコースや時間がない人は半日の体験をすることができます。また、4時間などにも対応しているので、時間の都合も考慮しましょう。貸し出してくれるアイテムは、装備一式と温泉のチケットです。保険も完備しているので、安心して遊ぶことができます。各自の準備物としては、水着や着替えやタオルや日焼けクリームです。海ではないですが、天気が良ければ日焼けすることがあるので、焼けたくない人は準備しておくといいでしょう。そのほかにはかかとがしっかりとしたサンダルを準備するといいです。球磨川でのラフティングは基本的には安定性に優れ、ガイドの指示に従っていれば転覆することはありません。しかし、転覆することもあるのでかかとがしっかりとしたサンダルを履いておきましょう。リピーターや経験者になると、わざと転覆するようにガイドに依頼することもあります。ライフジャケットを着ているので、溺れる心配はなく、泳げない人でも楽しめます。

注目キーワード

艦船
いわゆる「船」全般を指す。 ・民間用の船である、客船や貨物船等の総称である「船舶」 ・軍事用の船である、航空母艦や巡洋艦等の総称である「軍艦」 以上をまとめて呼ぶときに使用する。
船橋
ブリッジ Bridge、艦橋とも。 船長・航海士などが位置し、船舶の操船を司る場所。たいていは視界の広い高所に設けられる。
『関連情報:球磨川 ラフティング
PAGE TOP ↑