横浜ホームスタッフ

Home > 住宅> 横浜ホームスタッフ

横浜ホームスタッフ


リフォームの関連情報

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は renovation、refurbish である。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」 (rehome) としているところもある(これも和製英語)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

横浜ホームスタッフは「毎日の生活がぐっと快適にかわるリフォーム」を安心価格でご提供しています。得意分野はキッチン、浴室(お風呂)、トイレ、洗面所など水廻りのリフォームと、木材を使ったリフォームです。無料相談受付中!

そろそろ住まいにも手直しが必要と感じてきたら、横浜にはそれを叶える業者はいくつも探すことができます。広い横浜エリアで住まいを美しく変えてくれる会社を利用するとしたら、リフォーム会社への依頼をするか、もしくは一気に建て替えという手段もあるので、冷静な判断が必要です。建物を一回すべて壊してしまってから、ベースとなる土台からの手直しになるのが建て替えの選択であり、横浜ではこうした建て替えへの対応も柔軟な会社はたくさんあります。全てを新しくするのですから、仕上がりは納得の満足レベルの高さですが、基礎の土台からの作り替えですから、住まいの解体工事費もかかりますし、廃材処理のお金も必要です。建築物の建て替えを行っている期間に関しては、その家にする人間の仮住まいも用意するのでその出費もかかります。借り住まいへの引っ越しと、出来上がった住まいへの引っ越しになれば、引っ越しにかかる費用は2倍です。ここで終わりではないのが建て替えの選択であり、建物の登記にもお金が必要ですし、申請書など諸々の諸費用も発生をします。よほど建物が古くて問題ありならば建て替えも良いですが、大規模のリセットまで必要ないならば、横浜のリフォーム会社を利用した方が、そこまでの出費にはなりません。建て替えを依頼するよりもはるかに費用面は安くなりますし、内容的にもかかるのは工事費だけですから、これなら無理なく依頼ができます。住まいの一部をリフォームするのであれば、今住んでいる家から借り住まいに引っ越しをする必要もありません。今まで通りの家に住み続けながら、業者がやってきて数日くらいで住まいを快適に変えてくれます。キッチンにトイレや浴槽の移動を吸うだとか、階段を移動したり壁を少し変えたり、窓の移動など、今まであった場所からほかへ移動をするような工事は、かなりの時間とお金がかかるので要注意です。ですが基本的にリフォームは、今の住まいのちょっとした不満を、早急に改善する手段ですので、大幅なリニューアルでもなければ、生活にもさほど支障は出ません。

注目キーワード

マンションリフォームマネジャー
マンション専有部分のリフォームについて、スペシャリストとしての能力を認定する試験。 財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターが管理・運営をしている。
野村不動産リフォーム
野村不動産ホールディングスはリフォーム事業の強化、拡大を目的に新会社、野村不動産リフォームを設立し、4月1日から営業を始める。マンション管理を手掛けるグループ会社の野村リビングサポートが現在リフォーム......
PAGE TOP ↑