DoctorUP

Home > サービス> DoctorUP

現役医師の節税・税金対策のための不動産投資【DoctorUP】


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患に対し医療を提供し、病人を収容する施設のこと。病院よりも小規模な医療施設は診療所(クリニック)と呼ばれる。規模的には病院ではあるが、歴史的な理由によりクリニックの名称を残す施設もある(メイヨー・クリニックなど)。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

節税をお考えの医師の皆様、不動産投資のDoctorUPへ是非一度ご相談下さい。日々社会に貢献している医師の皆様が経済的にも恵まれますように、それがプルアップの願いです。

長年医師としてクリニックに勤務をしているのですが、有り難いことに勤続年数が長くなるにつれて年収も増えていきました。しかし、勤務して最初の頃は気にならなかった税金が、年収が増えたことで非常に高いように感じるようになり、少しでも節税をできないものかと対策を考えるようになりました。 まず医師の場合には学会や書籍にお金を使うことが非常に多いのですが、実はこれらの費用は一般の方と同様に所得から既に差し引かれているので、その部分を削減することはできないので、他の方法を考えることにしました。 色々と調べていると医師が行う節税には不動産投資が良いことが分かり、思いきって不動産投資をスタートすることにしました。まずは、どのような物件を購入すかですが、それは自分の所得や支出などを総合的に判断してマンションを購入することにしました。 マンションを購入した初年度はマンションの購入費用に加えて、減価償却費がかかりましたので、その金額は家賃収入を大きく超えたのですが実はこれで大丈夫なのです。 というのも物件を購入することで支出の一部は経費として認められるようになりますので、マンションの購入でかかった費用は年収と合算して考えることができます。 すると見かけの所得を減らすことができるので、所得税を減らすことにもつながるということです。これで実際に60万円ほどですが節税をすることに成功しました。

注目キーワード

救急病院
1964年の「救急病院等を定める省令」に基づき、都道府県知事が告示する病院である。 その要件は、 救急医療について相当の知識及び経験を有する医師が常時診療に従事していること。 エツクス線装置、心電計、輸血...
精神病院
精神科病院の旧名称。2006年、精神病院の用語の整理等のための関係法律の一部を改正する法律(精神病院の用語整理法)の制定で変更になった。 →精神科病院
PAGE TOP ↑