pluspa

Home > 生活> pluspa

モチベーションアップや健康維持に!うつも克服!スパーブヘルスアカデミー


カウンセリングの関連情報

カウンセリング(英: counseling)とは、依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである。カウンセリングを行う者をカウンセラー(英: counsellor、米: counselor)、相談員などと呼び、カウンセリングを受ける者をクライエント(client)、カウンセリー(counselee)、相談者/来談者などと呼ぶ。
※テキストはWikipedia より引用しています。

薬に頼らず、自分の力で着実に治していく。「プラス思考の習慣づけ」でうつ克服を目指すスパーブ ヘルス アカデミーご案内しています。

今教育の現場でも注目されているのがマインドフルネスですが、なぜ注目されているのかというと子供の能力が活性化することからきています。子供というのはまだ社会の色々なことを知らないことから、素直で無垢なところが見え隠れします。しかし現代社会ではインターネットの発展によって、スマートフォンやパソコンなどの通信機器でSNSや動画などを見ることが容易になっています。そのために昔の子供と違って情報量が多くなり、勉強のことでも頭が一杯になるのに他の情報で頭がパンク状態です。ストレスもためやすくなり友人関係において悩みが出たり、仲間はずれにされることもあります。それらを解決できるのがマインドフルネスといわれていて、瞑想などをすることによって脳の働きをスムーズにすることができます。特に洞察力などが働くようになるので、周りを見る目が冷静になり何を必要としているのか、自分の役割がどのようなものかが理解します。直観力なども発達することができるのもあり、これから学ぶことになる知識を生かすことができるようになります。そして、創造力が高まることで様々な新しい発想を広げることも可能なので、子供ではこれからの未来がとても有意義になっていくことができます。人の能力はわからないこともありますが、それでも脳を刺激することで可能性が開けてきますし、心の偏った子供になることがありません。今の時代は偏見に満ちたことも少なくないですし、賢さというのは学んでいる知識を知恵に変えて特別な自分を作り出すことが大切になります。価値観というのは広げることができるので、他人との比較によって作られた自分ではなく自分が理解できる領域へと導いてくれるのがマインドフルネスだといえます。難しいことではなく簡単なことをより簡単に伝わるようにするには、限りなく強い精神を作っていくことが求められます。強い精神を作ることは集中することでもありますので、マインドフルネスは活用できます。

注目キーワード

カウンセリング・マインド
カウンセリング的な考え方や手法を日常生活に活かしていくこと。またその態度、考え、心構えなどを指す和製英語。 「傾聴」と「共感」と「繰り返し」を自らの価値観を脇に置いて実践してみること。 [ISBN:44144031
カウンセリングマインド
カウンセリング的な考え方や手法を日常生活に活かしていくこと。またその態度、考え、心構えなどを指す和製英語。 「傾聴」と「共感」と「繰り返し」を自らの価値観を脇に置いて実践してみること。 [ISBN:44144031
『関連情報:マインドフルネス
PAGE TOP ↑