DRERICH

Home > サービス> DRERICH

レンタルドレスなら東京・横浜・大阪など全国6店舗運営のdrerich


洋服の関連情報

洋服(ようふく)とは、西洋服の略で、西洋風の衣服のこと。英語の western clothes におおむね該当する。ヨーロッパの服飾に起源を持つが、列強各国の各地進出に伴なって、アメリカ大陸やオセアニア等の植民地をはじめ、世界各地で広く用いられ、19世紀末以降の近代化とともに、中国や日本等でも使用されるようになった。この過程で、日本語や中国語、朝鮮語において、伝統的な衣服(日本の場合和服・着物)に対する概念として、これらの西洋起源の衣服が「洋服」と呼ばれるようになった。それ以前には、オランダ(阿蘭陀)から来きた服という意味で蘭服(らんふく)、南蛮服(なんばんふく)、紅毛服(こうもうふく)と呼ばれていた。洋服は各地の伝統的な服飾の要素も取り入れながら発展し、民族服の形成・変化にも影響を与えた。現在では、背広やドレス、シャツとズボンやスカートの組み合わせ等の他、アメリカ合衆国を中心に発展した簡素なTシャツ、ジーンズ等が世界中で使用されている。今日の日本では、洋服が一般的になったため、単に「服」といえば洋服を、「着物(きもの)」といえば和服を指すことが多い。何百年も前から人々は自分を表す為に洋服又被服を纏ってきた。 縫製技術から見ると、和服が直線に裁った生地を縫い合わせるのが基本であるのに対し、洋服は身体の形状に合わせて曲線的に裁った生地を縫い合わせるのが基本である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

レンタルドレスなら東京・横浜・大阪・福岡・大宮・名古屋全国6店舗のDRERICH!ドレス単品8500円~、ドレス+小物+コーディネート込み13,500円!NHKやTVで取材されたスタイリストがコーディネートしてくれるレンタルドレス。ゲストドレス・ウェディング&タキシード・謝恩会・ブライズメイド・子供ドレスなど、多くのシーンに合わせコーディネート。全国配送OK!ネットでレンタルも承ります。

どんな場面でドレスを着用するのか、一般的にはウェディングで着用しますが、購入するのか借りるのか、迷う場合にジャンルから考える花嫁候補も少なくはありません。プライベート空間を貸切り、アットホームに過ごすゲストハウスウェディングは近年、人気のスタイルです。ウェディング事情として費用の予算・相場は気にかかる内容で、ドレスの費用がいくらになるかは、挙式費用にまで影響するため、大がかりではないゲストハウスウェディングならば、レンタルドレスで十分満足できる内容です。レンタルドレスにかける費用として、20万円以上25万円未満がダントツトップで、大抵はレンタルドレス専門店を利用します。注意したいのは、事前に予約を取ることで、試着を検討している場合にアポなし訪問したが故、試着したいドレスがレンタルされていることも現にあります。さらに、ショップ店員とは別に、辛口意見となる第三者による目利きも重要で、ウェディングドレスのレンタルならば尚更、義理の母や姉妹などの女性の意見を聞きながら選ぶことで、妥協点を作る間もありません。ウェディングドレスのみならず、カクテルドレスやパーティードレスまでが揃っているレンタルショップを巡りますが、メーカーやブランドによってもサイズはまちまちです。7号から11号がレギュラーサイズですが、5号から21号などのサイズ展開はデザインのみならず、重要です。さらにレンタルドレスだけなのか、ティアラなどのアクセサリーや小物も含まれているのか、確認は必須です。ドレスはレンタル、コーディネートしたい小物は購入では予算内に収まりにくくなります。また、段取りが整った後も大切で、レンタルする場合、店舗に取りに行く、発送、店舗で身支度を済ませて会場に移動するなど、大まかに3パターンでの受け取りになります。着用後はクリーニング代も諸経費に含まれるのが一般的で、そのまま返却するシステムです。予算や実際の品質などを意識するのはもちろん、総合的にサービスの整ったショップで借りることは更に重要で、パーティードレスやモーニング、振袖などのレンタル衣裳を取り扱っていることもポイントです。

注目キーワード

突撃洋服店
「モード」を提案してくれる古着屋さん。 神戸 ・旧居留地の本店(場所はここ) 東京 ・渋谷店(場所はここ) ・rokki(ロッキ)(場所はここ) ウェブサイト http://www.totsugekiyofukuten.com/
洋服の青山
青山商事株式会社が全国展開する紳士服専門店。 イメージキャラクターは三浦友和と松浦亜弥。 かつてはマイケル・オーウェンや森崎ツインズを起用していた。
PAGE TOP ↑