株式会社松浦建設

Home > 住宅> 株式会社松浦建設

札幌市 新築 中古住宅 リフォーム|株式会社松浦建設(清田区)


リフォームの関連情報

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は renovation、refurbish である。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」 (rehome) としているところもある(これも和製英語)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

快適な暮らしと幸せな生活は住まいから。松浦建設では、『健康であるための家』を皆様にご提案致します。

全国における土地価格の下落も一段落し、一部の地域では土地価格の上昇も見られる時代になりました。東京のような一極集中する場所は、価格上昇も多く見られるようになっています。縦に長意日本列島、その北の大地には大都市・札幌があります。人口は200万人にならんとし、周囲の街から通勤する人も多く、人口減が目立つ元気のない北海道都市の中で、唯一活況を呈しています。そんな札幌も近年、郊外に住宅を求める人が増え、市内には誰も住まい古くなってしまった住宅が残されるようになって来ていました。壊すにも費用がかかり、そのままにしておくと言う人も多くなっていました。ですが今、この古く誰も住まなくなった住宅をそのまま残すより、少ない金額の投資をすることで、再利用をする人が増えて来ていると言われます。近年、札幌市内ではマンションブームもあり、住宅価格が高騰する傾向がありました。新築の住宅を求めたいが、その価格が高騰していることもあり、市内では無理と言うことで、近郊の都市へ住宅を求める人が増えました。しかし札幌市内に住みたいと希望する人も多く、少ない費用で住宅を求めるには、中古住宅を探すことになります。ですが中古住宅は、古さや傷みが目立ち、イヤと言う人も多いのが現実です。そこで、古くなった住宅をそのまま購入するには抵抗を感じる人に対し、リフォームされた住宅を提供する人が増えて来ました。新築住宅を求めることが無理と言うことで、中古住宅を求めることになり、更には中古住宅がキチンとリフォームされ、新築並みとなっている住宅が、求め易くなったことが購入を促進させた訳です。またリフォームをすることで、寒さ対策が更に進み、また地震対策を含め、雪害対策も行う住宅が増えています。大雪で玄関前の道路が狭くなってしまうと言った不便さをなくすために、融雪溝を作ってみたり、屋根の雪が落下しても隣家に迷惑をかけない構造にしたりとすることで、住み心地の良い住宅を提供するようになって来ています。古くなってしまった住宅が売れないと嘆く前に、簡単なリフォームを行うことで人気の住宅になり、販売しやすい環境となりました。

注目キーワード

悪質住宅リフォーム
→悪質リフォーム
悪質リフォーム
住宅リフォームで悪質なもの。不必要な工事や法外な料金請求など。 2005年は、認知症の老人につけこんだ「次々販売」が問題になったりした。
『関連情報:札幌 リフォーム
PAGE TOP ↑