ブライダルアーツ

Home > ビジネス> ブライダルアーツ

ブライダルアーツ | 東京渋谷区でフォトウェディングならブライダルアーツへ。ロケーション撮影や和装での前撮りも対応しております。


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

一昔前までは、招待客をたくさん呼んで盛大に結婚式をあげたり、ホテルウェディングがブームになっていた時もありましたが、最近では、また傾向が変わり、招待客の人数も平均すると減少傾向にあるようです。また仲人を立てる人は数%です。その背景には、親族や友人など、気の知れた人だけを招いてこぢんまりと挙げたいと考えるカップルが増えていることも理由に挙げられます。招待客の人数が減っているにもかかわらず総額費用はむしろ増えているというデータもあり、いかにこだわり、おもてなしの心で一生に一度の式をあげようとしている人が多いかが伺われます。また、初婚年齢が上昇していることも総額費用が減っていない要因の一つかもしれません。社会に出て、それなりに貯蓄をしてきた人も増えていて堅実に結婚資金を貯めている人も増えているのでしょう。また、これまではどちらかというと親族に対するお披露目の場といったことを重視していた考えも、最近では、列席者に感謝の気持ちを伝える場と考える人も増えて、当人たちがお世話になり、自分達を日頃サポートしてくれている人たちを基準に考えられるべきものという考え方が主流になっているようです。昨今は、人付き合いが希薄化しているとも言われています。やはりそんな世の中だからこそ、結婚という人生の節目で式を挙げることで良いスタートを切れると言っても良いのではないでしょうか。そして、スタイルもキリスト教式で挙げる人が増えています。昔は神前式が一般的でしたが、最近はウェディングドレスのイメージが定着しています。その一方でここ数年の和婚ブームの再燃で神前式で挙げるという人もいるようです。他にも、宗教関係なく、招待客の中から結婚の証人となる自由な人前式もあります。本人たちが納得するのであれば、どんな形の挙式でさえ、きっと一生のおもいでに残る感動的な日となるに違いありません。大安、仏滅などといった日取りを気にするカップルも減っているようです。結婚が決まったら、積極的にブライダルフェアなどに足を運び、イメージを膨らませてみましょう。

注目キーワード

写真整理
写真を時系列またはカテゴリー別で整理すること
顔写真
-顔が正面から写っているバストアップの写真。 証明写真に使えるそれと使えない笑顔のもの電話を持ったりポージングしているものがある 一般的なプリクラも顔写真の一種であろう -安易にWEBで公開しない様に注意を呼
『関連情報:フォトウェディング 東京
PAGE TOP ↑