EARTH STUDIO

Home > ビジネス> EARTH STUDIO

大阪でのフォトウェディングならEARTH STUDIO(アーススタジオ)


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

フォトウェディングなら大阪・玉造にあるEarth Studio(アーススタジオ)へ。家族写真、キッズ・ベビー写真、マタニティ写真など、ナチュラルでありのままを撮影する写真スタジオです。

ブライダルと言えば、主役となる新郎新婦にとってもゲストの方々にとっても、幸せで温かな気持ちになれるセレモニーと言えるでしょう。そんな多くの人々の幸せに直接関われる仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。ブライダルに関連した仕事として最も代表的なのは、ウエディングプランナーと言えるかもしれません。結婚式のトータルコーディネートをするという、実に重要な仕事となるからです。特に、新郎新婦の希望に沿いつつ、予算内に納まるよう最適なプランを提案するのも、ウエディングプランナーが行なう大事な仕事になっていると思います。それだけにやりがいも大きな仕事と言えるでしょう。ブライダルに関連した別の仕事は、アテンダーつまり介添え人としての仕事です。アテンダーの主な仕事は、結婚式当日に新郎新婦に付き添って色々と細かな仕事を行ないます。例えば、丈の長いウェディングドレスを着ている新婦が転ばずに歩くことができるよう、ドレスの裾を軽く持ちながら一緒に歩いているアテンダーの姿を目にしたことがあるでしょう。中には、両家の親族に対して様々なお世話を行なうアテンダーもおり、まさに結婚式には欠かせない存在となっています。また、ブライダルに関連した仕事の中には、ウエディングフォトグラファーと呼ばれるカメラマンがいます。ウエディングフォトグラファーの役割は非常に重要で、挙式中や披露宴中に新郎新婦はもちろんのこと、式に参列したゲストの自然な笑顔を写真に収めなければなりません。単に写真が撮れればよいといった程度ではなく、非常に高い技術が必要とされる仕事と言えます。何と言っても、一生に一度の晴れ舞台ですから、最高の写真となるようにしなければならないでしょう。ほかにも、新婦が持つブーケの花やテーブルに飾る花など、結婚式に使う花のアレンジを行なうフラワーコーディネーターとしての仕事があります。結婚式には花は絶対に欠かすことができない大事なものであるため、これも大変やりがいのある仕事であると感じます。

注目キーワード

証拠写真
証拠として扱われる写真。
写真
光学的方法で感光材料面に写しとった物体の映像。一般には物体からの光を写真レンズで集めてフィルム・乾板などに結像させ、これを現像液で処理して陰画とし、印画紙などに焼き付けて陽画を作る。 日本では1857年に...
PAGE TOP ↑